デザリボのリフォームデザリボのリフォーム

気持ち良いデザイン空間に住みたい方へ。
マンションも一戸建ても、
物件探しからサポートいたします。

 デザリボは、2004年にリノベーション事業を開始した(株)リボーンキューブが新たに展開するデザインリフォームブランドの名称です。

 デザリボは、より幅広いお客様のご要望にお応えするためにリノベーションのデザインノウハウをフィ-ドバックした、ロ-コストでできる高品質なリフォームスタイルです。

1. 空間構成の大きな変更(空間の入れ替え)までは望まない方で
2. デザインセンスで住み心地を良くしたいとお考えの方に最適なリフォームです。

 デザリボのベ-シックコンセプトは、主要設備であるキッチン・浴室および給湯機・洗面化粧台・トイレ・エアコンなどの全面入れ替えと、照明計画の刷新、壁紙やカ-ペットの貼り替えなどのデザインコーディネイトによる空間のイメ-ジチェンジと快適性の向上です。

 デザリボでは、リノベ-ションに比べて大がかりな工事が不要となり、施工費用の大幅な節約ができる一方、内装デザインや照明計画などの空間演出は、リボーンキューブクオリティをもって行うことで「デザイン性の高い住空間」をご提供します。
 (クオリティを保ちつつリノベーションよりも費用を抑えることが合理的に可能となっております。費用の目安については「リフォーム費用」へ

どうぞお気軽にご相談ください。

リノベーションとデザインリフォームの違いは?

 住空間の「仕立て直し」には、リノベーション、リフォーム、改修、改築など、さまざまな呼び方があり、それぞれ定義づけがなされています。中でも後発の呼称である「リノベーション」は、その言葉のもつ本来の意味からひとり歩きして、単に「消費者の目を惹くための装飾的な販売用語」へと、一部の業者によって著しく陳腐化される傾向も見受けられます。

 リボーンキューブは、京都で先駆的にリノベーション事業を展開しているという自負のもと、お客様に公正な情報をご提供する目的においても、我々なりに用語・事業範囲の定義を明確にしています。
リボーンキューブの見解で定義する用語・事業範囲について

●リノベーション

1. 全面的な空間構成の変更(空間の入れ替え)を行い、住まいの基本性能を向上させる。(機材や設備・配管までも全て刷新する。)
2. できるだけ工業製品を廃して、経年変化を楽しめる素材を使用し、またそこに個性的なデザインを取り入れて付加価値の高い住空間を創造する。
の2つの要素が必要だと定義しています。

●リフォーム

1. 主に機材や設備の入れ替えと表面的な内装の刷新。
2. どちらかと言えば安価な大量生産の既製品(工業製品)を多用した紋切り型の内装および仕上。(その範囲内においての基本性能向上。)
と、定義しています。
 また、もともとリフォ-ムという言葉は定義の範囲が広く、改修工事全般を指すため、よりピンポイントに意味を表せる「デザインリフォーム」や「リノベーション」という定義が必要になったのではないでしょうか?

●デザインリフォーム

1. あくまでも表面的な内装の刷新である点はリフォ-ムと似ているものの、一般的なリフォ-ムに
2. 高いデザイン性を取り入れ、またロ-コストに仕上げるためにある程度の既製品の使用は許容しながらも、できるだけデザインとの整合性が保たれるものを選び付加価値の高い住空間を創造する。
と、定義しています。

 皆さまの中には、「リフォーム」という言葉からテレビ朝日の番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」を連想される方も多いのではないかと思います。 基礎改修や「柱数本を残してほとんど新築」の事例も多く、そのような事例は上記の我々の定義に当てはめるとすれば、どちらかといえば「リノベーション」に該当します。

 また、我々が「デザインリフォーム」と定義するものが、不動産業界および建築業界全体では、一般的に「リノベーション」と呼ばれていることも少なくありませんが 、我々といたしましては、お客様に公正な情報をご提供するという観点から( 我々自身のこだわりもこめて )、上記の定義をもって区別させていただいております。
↑ページの先頭へ